スポンサーサイト

株は基本嵌め込み

株式の本質を考えてみる。


株式というのは上場するときの価値は0円だ。
これにIPOがつき値段をつけ投資家が買う所から全ては始まる。


上場する企業の目的とは大多数が
「市場から金を集める為である」


途中上げ下げしながら配当出したり自社株買いしたり
業績が上下しながら株価は動く・・


企業が上場したら彼らはボランティア活動をしているのではない
あなたに配当を上げて 優待を上げて 株価を上げて喜ばすために存在している訳ではない


株価が上がれば ストックオプションをしたり、増資をしたり、大株主が売り抜けたり
要は市場から金を集める事だけに集中することが本来の姿。


夢や希望はもつとあっというまに食われやられる。


倒産した会社というのが実は本来の形であり
何のことはない0円だったもんが0円に戻るだけだ。


企業というのは儲けることより
長く会社として存在することの方が難しいからである


なにもアクションをおこさなければ株価は本来いた0円と
自然と引き寄せられるかのように戻ろう戻ろうとするわけだ。


以上の点を踏まえ株式と向きあっていきたい。


暴落は必ずやってくるアノマリー
そろそろ。。。きな臭い動きがでてきた。


3月4月。。鬼門である。

なんも変わらず

残金540万
変わらず。。。

塩漬け漬け
暴落待ち。。。

忘れた1月戦績

残金540万
(入金17万)

しかるに。。。
マイナス13万

自然相場

さて破竹の勢いで上昇している日経ですが
今後一体どこまで上昇していくのでしょうか。


基本的に円安になるという事はどうなるという事か
輸入大国日本にとって円が安くなればなるほど
相対的に物を仕入れる価格は大きくなり
結果物価の上昇となります。


今、現在をみても食料品をはじめとする様々な物の物価が上がっているのは
周知の事実だと思います。


海外にいる人からしたら、円安になれば日本に旅行に来やすくなったり
なにか物を買うときにも安くなりますし、観光客も増え経済に潤いもでるでしょう。


さらに日本に工場を建設して
勤勉で器用な日本を雇って働かせる外国人も出てくるでしょう。


遊びの面でも以前は円高から日本人が外国へ
売春ツアーなどによく出かけているニュースを見かけましたが


今度は逆に外国人が日本人を買いにやってくる未来も遠くないというか
すでに中国人の大阪 飛田新地のおえーちゃん爆買い
淋病蔓延の話も話題に出始めているところでもあります。


さて円安になれば株価は上昇し
円高になれば株価は下落していきますが


今の円安 株高の流れが自然相場であるのなら
なにも心配はいらないのですが


なにせ買い支えしてるのは年金
日銀が1日700億という巨額な金を使って株価を押し上げています。


個人投資家が束になって果たして純粋に700億もの株が毎日
買えるでしょうか。


さらに株式に参加している個人はもちろん普通の株を買います。


つまり現在は参加している個人も買うし、年金を払っている株式なんて知らない
日本人も全てが知らないところで

年金を運用してみんなが株を強制的に買わされている
いわば疑似バブルのような形になっています。


さてそれではなにが問題になるのかというと


前述の通り株式が上がり 円が安くなると当然物価も高くなります。


物価が高くなると給料20万の日本人国民は生活が楽になるでしょうか?


答えは当然、賃金が上がらないのに生活は苦しくなるだけです。


それががゆえにニュースでもよく取り上げれれていますが
すでに日本株式を買いまくって筆頭株主になった政府も
賃金の値上げを会社に要求して賃金の値を上げようとしていますが
いかんせん疑似バブル それが追い付いてきていないのが現状です。


現状まだ株価が上がっただけにすぎず、国民生活は株価は上がっても
すぐに変化はないが為替はすぐに直結するからです。


現在は日銀の買い支えで株価が上がっていますが
景気がよくなった訳ではないので、会社もそう簡単に給与を上げることはできないですし
恩恵をあまり受けれない中小企業にしたらもっと給与を上げることができないくなります。



しかしながら国が主導で金をすり
年金を運用してさらに倍増のペースで買い入れを行っている以上
円安 そして株高のペースは落ちることがないと思います。


そして日銀はどんどん日本企業の筆頭株主となり
物言う株主として賃金を上げろと強制的に要求することもできます。


しかしながらそれは会社を国有化することであり
日本は共産主義ではありません。


いつしか憲法などにふれてくるのではないでしょうか


ETF買い入れも限界があります。
お金がないのではなくそれ以上買えないラインがあるのです。
ここの問題をどうするのかまだ方向性はみえずやみくもに買っている
イメージが私にはあります。


さて、それでは外国からしてみたらどうでしょうか


すでにトランプ大統領が 貿易赤字に対して
文句を言ってきてますが、そうやすやすと日本だけを円安にするでしょうか?


日本が円安になると困る国はたくさんあります。
中国にアメリカ、韓国などもそうですね。


よしんば


他国に邪魔されず
めでたく超円安になり130円150円になり
株価が3万や4万を迎えたときに


日銀は利益の全部を利確して
1000兆円を超える 国が抱える借金を帳消しにしようとすることもできますね。
いつかは利確するものですから


さて残った日本今後はどうなるでしょう。


円を擦り過ぎて
円安がとまらなくなり
ジンバブエのような事にもなりかねません。


投資の世界は数年 数10年先までみて投資をしていくので
円高になるときもあるし円安になる時もあるでしょう。


まずは日本がこのままどこの国にも邪魔されずに
どこまで円安に導けるか


途中過程で幸せになれる人はたくさんいると思いますが
やはり未来的にみると 島国日本 
このままでは大変な事になると思っています。